Home > アーカイブ > Author

Author

「ビジネス・ゲルニカ」宣言


「ビジネス・ゲルニカ」プロジェクト
「Clearly iNDEFINED~答えなき道を散歩しないかね」①
「ビジネス・ゲルニカ」宣言

 この度プレジデント社から出版した『楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?』の中で、映画監督の大林宜彦さんと対談をさせて頂きました。
 きっかけは、出版企画の初期段階の2019年5月に私が観たNHKの「最後の講義」でした。そこで監督は未来の映画人に対して「映画とはフィロソフィーである」など、多くの貴重なメッセージを発信していました。私は「これは、ビジネスたずさわる者にも当てはまる大切なメッセージだ」と確信し、ダメ元で対談依頼の手紙を書いたのです。
 依頼内容は「映画がフィロソフィーであるように、ビジネスもフィロソフィーであるべきです。是非ビジネスパーソンにもメッセージを発信してください!」というものでした。監督は闘病中の大変な時期であるにも関わらず快諾してくれました。
 対談は8月の暑い日に行われました。そこで大林監督が発したメッセージ一つ一つが監督の魂のこもったとても深いものであり、私は終始興奮していました。

 対談の中で、私は大林監督と約束をしたと(勝手に)思っています。

 大林監督は、先輩の黒澤明監督から、「君は若いから、これからも新しい未来のために映画を作れるだろう。それをやってくれ。そうすれば、400年後には『戦争なんて馬鹿げたことをする人たちがいたのね』と語られるような、本当の平和が訪れるだろう」と言われたそうです。そして、「映画の力によって戦争のない平和を創る」というミッションのもと、精力的に映画作りを続けています。
 「もしピカソがゲルニカを写実派で描いていたら、そんな作品は戦争を思い出すだけで見たくないといわれたに違いない。そしてゲルニカの歴史が伝えられることはなかっただろう。リアルなジャーナリズムは風化されてしまうが、芸術のジャーナリズムは未来まで風化されずに人々の心に伝わる」と監督は語っています。そして、この想いを「シネマ・ゲルニカ」と名付け、そのコンセプトのもと映画作品を作り続けてきました。
 大林監督は、闘病をしながら「シネマ・ゲルニカ」を広めて、400年後に戦争を完全になくそうとしているのです。

 対談の場で私は、ビジネスマンには何かできるのだろうかと自らに問いかけていました。ジャマイカの国民的なスターであり、レゲエ音楽を世界に広めたボブ・マーリーのように、音楽で戦争を止めた例はありますが、ビジネスパーソンにそんなことができるのか?
 ある広告代理店がボスニア紛争を煽ったという事例もあるように、ビジネスはその競争性から戦争を引き起こすことはあっても、戦争を止めるイメージはないかもしれません。
 SDGs(持続可能な開発目標)が提唱されてからは、一部の企業における社会貢献意識は高まっているように見えます。しかし、個人の意識を高めることができなければ、これを本当の潮流にし、結果につなげることはできません。そう、時代はビジネスパーソン個人に「ゲルニカ」を求めているのです。

 もし、国民の大半を占めるビジネスパーソンが意識を変えることができれば、この「ゲルニカ」の流れを加速化できるのではないでしょうか。もしかしたら400年を待たず、たとえば200年後に黒沢監督の夢を叶えられるかもしれません。
 そのために何が必要か?監督は「各論だけでなく、総論でものを見ることが大切だ」と言っていました。言い換えれば、ビジネスパーソンが、目の前のことだけに専念するのではなく、答えのない真理を探し続け、対話をあきらめず、広い視野を持ち続けることなのだと思います。

 私はこれを「ビジネス・ゲルニカ」と名付けさせてもらいました。
 敵は、「無関心」と「思い込み」でしょう。無思慮な「定義付け」も危険です。
最高の味方は「想像力」です。目の前の問題だけを解決する薄っぺらいロジックを超え、本当に大切なことを優先する、という意識です。

 監督は対談の中で言いました。「本当のビジネスはお金だけじゃない。利益の先にあるものが大切ということです。それは平和な世の中ですよね」
 競合企業に勝ったとしても、業界の勝ち組に入ったとしても、平和を失ったらそんなものには何の価値もなくなるでしょう。目先の利益を追求するのはビジネスの現実ですが、その先を見通す高い視座と想像力が本当の成功には求められるのです。
 私は、(心の中で)これに取り組むことを大林監督と約束したのです。

 そこで、エンゲージメント協会及びユーダイモニアマネジメント株式会社は、「ビジネス・ゲルニカ」プロジェクトを発足します。
 目的は、われわれビジネスパーソンがより広く多様な視点で物事を見られるようになること。そして、200年後に「え?戦争なんてやろうとするバカがいたの?マジ爆笑!」と未来の若者たちに我々がバカにされるような時代をつくること。
 具体的には、このブログ「Clearly iNDEFINED~答えなき道を散歩しないかね」のオープンに加えて、「当事者研究」「アウシュビッツ視察」「コー円卓会議への参加」「フィリピン・ボランティア研修」などを検討しています。

 ご興味のある方は、是非お問い合わせください。

 また、偶然ですが、「楽しくない仕事は、なぜ楽しくないのか?」とほぼ同時期にこの対談のきっかけとなった大林監督の「最後の講義 完全版」が主婦の友社から出版されます。興味のある方は是非お手に取ってください。



「シニアの品格」もよろしく!

船川淳志さんの「グローバルインパクト設立20周年記念」のイベントに登壇します!


お久しぶりです。

色々な案件が立て込みまして、しばらくブログをアップしてきませんでしたが、これから、次作の出版に向けてもっと頻繁に投稿をしたいと思います。

さて、早速ですが、9月6日に、あのカリスマコンサルタントにしてベストセラー作家の船川淳史さんの「グローバルインパクト設立20周年記念のイベント:Connecting Dots, Crossing Boundaries」にゲストスピーカーとして登壇します。
最近、船川さんとはいろいろお話しする機会が多くなっていて、とても勉強になっています。
非体育会系の私ですが、「ばかやろう」とか言われても、ちっとも不愉快に感じない先輩は船川さんだけです。。

ゼロトレで大ブレークの石村さんや凄い人たちとご一緒なので、緊張しますね。。

以下、船川さんのフェイスブックからの引用です。

身体と言葉、知の源流とこれから、多元的知性の開発
おかげ様で、グローバルインパクトは今年7月から20周年を迎えます。
これも一重に皆さんのご支援の賜物と感謝の念に堪えません。
つきましては、9月6日(木)下記の通り多彩なゲストとイベントを行います。
是非、ご参加頂ければ幸いです。
9:00 開場
9:30-9:40 ご挨拶 船川淳志
9:40-10:10 ゼロ・トレーニング体感  石村友美 NYヨガインストラクター
10:10-10:50 ハチドリのひとしずく 大山雅己 企業再生コンサルタント
Break
11:00-11:40 プロフェッショナルの品格  小屋一雄 「シニアの品格」著者
11:40-12:00 午前のゲストコメンテーター  高津尚志 IMD日本代表
13:00-14:20 知の源流としてのインド哲学 宮本久義 インド哲学・東洋思想家
14:30-15:00 ナノスケールVRの世界 Nanome Inc. 米国ベンチャー企業
15:10-15:40 「これからの世界で一番大事なこと」篠原ヒロ ブロックチェーンの第一人者
15:40-16:40 パネルディスカッション (篠原氏のスピーチの後、人工知能、自然言語音声
認識の開発研究者、戸上真人氏、他を招いてのディスカッション)
16:40-17:00 まとめ
17:10-20:00  立食パーティー(於発明会館7階会議室)
                        <敬省略>
参加費用:セミナー&立食パーティ 1万円  
     セミナーのみ      5千円
     パーティーのみ     5千円
セミナーは終日になりますので一部参加、途中退出も可能です。
参加頂ける方は funakawa@globalimpact.co.jp まで直接メールをお願いします。
尚、ゲストの方は予定ですので、変更の際はご了解願います。

「死ぬのが怖い」とはどういうことか


 久しぶりに刺激的な本に出合いました。
 動物の中で、なぜ人間だけが「死ぬのが怖い」と思うのか?目の前に危機が迫ってもいないのに、ただ死を思って恐怖するのは確かに人間だけなのでしょうね。
 本書では、その答えを著者の帰納法的推論にて結論づけています。
 人間は、まずエピソード記憶ができる機能を獲得し、次に言語を獲得し、時系列情報の表現が可能になった。そして、過去を語るのみならず、未来も語れるようになった。これが原因だというのです。未来を予測する能力というものは、多分人間だけが持っている、ひとつの進化の表れなのですが、その「おまけ」として、「死ぬのが怖い」という感情を持つに至ったというわけです。
 そういえば、一番最近ストレングスファインダーを受けた時、これまでトップだった「着想」に代わって「未来志向」がトップになっているのを見て、まず考えたのは「未来にワクワクするのはいいけれど、これから未来がどんどん限定されていく年ごろを迎えて、それを精神的に乗り越えられるのだろうか?」と考えたのを思い出します。「未来志向」の強い人は人一倍死ぬのが怖いのかもしれませんね。。
 本書では、この結論は第1章で出してしまい、その後著者の機能的な推論が進みます。そのなかで興味深いのは、死ぬのが怖くなくなる7つの登山道を提唱している点で。その登山ルートとはこちら。

① 心は幻想だと理解する道(脳科学の道)
② すぐ死ぬこととあとで死ぬことの違いを考える道(時間的俯瞰思考の道)
③ 自分の小ささを客観視する道(客観的スケール思考の道)
④ 主観時間は幻想だと理解する道(主観的スケール思考の道)
⑤ 自己とは定義の結果だと理解する道(自他非分離の道)
⑥ 幸福学研究からのアプローチ(幸福学の道)
⑦ リラクゼーションと東洋思考からの道(思想の道) 

うーん、どれにしようかな。

MOC (Moment of Choice)のインタビュー記事


2月21日に「MOC (Moment of Choice)」という大人のウェブ・ライフマガジンが立ち上がりました。
「MOC」は、人生哲学・文芸・音楽・生き方などの分野で著名人のインタビューをベースに作られています。「著名人」と書きましたが、なぜか一人だけ「一般人」紛れ込んでいるようです。まあ、私の事ですが、私もインタビューを受けました。
他は、竹内力さん、西村京太郎さん、中島義道さん、佐野史郎さん、中村うさぎさん、枡野浩一さん、小池一夫さん、フィフィさんなどなど錚々たるメンバーがインタビューを受けています。その中でポツンと佇む私。しかもプロのカメラマンによるアップ写真などもあり、かなり恥ずかしい(正直、写真は見ないで欲しいです)。。。笑われるのが怖くて黙っていようかとも思いましたが、とてもいい内容の企画なのでシェア致します。
熱い想いを持ったスタッフの方々によって出来上がったばかりのマガジン創刊号ですので、是非拡散してあげてください。
https://moc.style/world/interview-consultant-koyakazuo-01/

扱いづらいベテラン社員にならないために  今から身につける「シニアの品格」  


ある方が、「シニアの品格」の紹介文を書いて下さりました。
私が言いたかったことをとてもよくまとめてくださっています。
—————————————————————————————————-
扱いづらいベテラン社員にならないために
 今から身につける「シニアの品格」 
 

「頑固なベテラン社員が言う事を聞かなくて困っている」
「ゆとり世代の若手社員の行動がまったく理解できない」

いつの時代も「ベテラン」と「若手」の間には問題が生まれ、世代の違いによる思考の摩擦が起こって来ました。

あなたの職場ではどうでしょうか?
果たして両者は本当にわかり合えないのでしょうか?

近年、「年下の上司」や「年上の部下」という逆転現象があらゆる企業で増加してきています。
その一因は、バブル期に入社した世代が現在50代を迎えたことにあると言われています。
今後ますます「管理職より年上の社員」が職場の大半を占めるのは避けられないことなのです。

「若手」と呼ばれるあなたはもしかすると「ベテラン社員をギャフンと言わせる方法」を探しているかもしれません。

「ベテラン」と呼ばれるあなたはもしかすると「生意気な若手社員を黙らせる方法」を探しているかもしれません。

しかし、そのような対処療法で問題が根本的に解決できるでしょうか?
風通しの悪い職場環境は、企業としても不健全です。
あなたにとっては憎らしい存在だったとしても同じ職場で働く仲間。
小手先のテクニックで相手を打ち負かす方法を考えるより、二つの世代が相互に理解し合いそれぞれに能力を発揮できる環境作りに取り組んでみませんか?
これは近い将来、あなたにも起こりうる身近な問題となるでしょう。

 
話を聞いてもらうだけで人生は変わる

「傾聴」という言葉が世に浸透してどれくらい経つでしょうか。
「話を聞くことの重要性」はあらゆる書籍やセミナーの中でも語られていることなので、何も目新しいものではありません。

とは言え、「傾聴」という言葉を知っていても、実践できている人はごくわずかしかいません。

「人は自分の話ばかりしたがる」

この習性に目を向けると解決の糸口が見えてきます。

「シニアの品格」の著者であり、ユーダイモニアマネジメント代表取締役 小屋一雄氏はこれまでに40歳以上のマネージャーやエグゼクティブ向けにコーチングを行い、「50代の人が変化して輝く瞬間」を目の当たりにして来ました。

50代といえば仕事上ではベテラン。着実にキャリアを積んで成果を出してきた人間が、これまでの自分のパターンを捨て「変わる勇気」を選ぶ。

それは相当「怖い選択」で生半可な覚悟ではできません。

しかし「勇気」を選び自分の変化によって周りが変わることを実感できた人は、その後の人生の幸福度が格段に増すと小屋氏は言います。

「部下が話を聞いてくれない」という悩みを持つシニアに「家庭ではどうですか?」と聞くと、大抵の場合、家族ともコミュニケーションが疎かになっていることが多いそうです。
それは部下云々ではなく、当人のコミュニケーション能力がその程度のものだからです。
まずは「自分を知ること」が人生の分岐点に立つ最初の一歩となります。

 ・「ただ聞く」に徹する

「シニアの品格」は59歳プレシニアの東条と88歳「古井戸よろず相談」の奥野老人、二人の対話形式で物語は進みます。
この二人の対話がまさにコーチングの手法そのものなのです。

「ただ話を聞くだけで人は自分の中にある答えを見出し、問題を解決していく」

話を聞いてもらうこと、それが心の不純物を取り除く一番の解決方法なのです。

奥野老人は「自分は解答を持っていない」と断言します。
判断も助言もせず、ただ聞くこと。
結論や答えを出さないと決めて、ただ聞くこと。
まずは身近な人の話を傾聴する。

話を聞いてあげるだけで人は癒され、不思議と相手との関係性も良くなっていきます。

さらに話を聞くと同時に大切になってくるのは「相手の立場に立って考える視点」です。

「相手の立場になって物事を考えなさい」と誰もが幼い頃から親や教師に言い聞かされてきたことだろうと思います。

相手の立場を体感する方法として、ゲシュタルト療法の「エンプティ・チェア」というテクニックがあります。

座る場所を交代して相手になりきり「相手の内的観点に立つ」という手法です。

「この質問に対して相手はどう答えるだろう?」と推測しながら相手の観点に立ち、投げかけられた質問に答えていきます。
そして自分と相手の立ち位置が変わることで、今まで考えようとしなかった考え方に出会います。そこで凝り固まっていた頭が解放され、目の前にあった自由に気づくことができるのです。

「この相手ならこう答えるだろう」と推測できるということは、相手がこういう風に考えているというのをすでに知っているということです。知っていて無意識に目を逸らしているのです。
コミュニケーションの溝はここにあります。

 ・人は信じたいものしか信じない

時に自分の理解を超えた話が目の前に表れると、人は相手を間違ってると判断し思考停止してしまいます。

自分の信じている事、ある意味自分にとって公理みたいなものが否定されたり、理解してもらえないと腹を立てます。相手を否定することで自分を守ろうとします。自分の信念を疑う事が怖かったり面倒くさかったりするからです。

人は無意識に信じたいものだけを選んでいます。
自分の都合のいいように話を解釈します。
そして、どうしても受け入れられない価値観には拒否反応を示します。

それではそのような事態に出会った時、どうすれば良いでしょうか?

 ・ダイバーシティ(多様性)を活かす

価値観の違いや能力の優劣で人を判断するのではなく「人それぞれ強みを発揮できる場所が違う」という前提を持っておくことが多様性を活かすヒントとなります。

得意な事と苦手な事は人それぞれ異なりますが、それぞれが得意なことで貢献することで相互補完ができお互い助け合って世界が回っていくとしたら。

人種や世代や個性などの違い、つまりダイバーシティ(多様性)を活かして新しい何かが築ける可能性が高まります。

「ベテラン」と「若手」が相互に理解し合いそれぞれの強みを活かす環境が整えば、自然と企業価値も高まるのではないでしょうか。

 相手の強みを理解するには

相手の強みを見つける簡単な方法があります。

「今一番楽しみにしていることは?」という質問です。

楽しみにしていること、ワクワクすることにはその人ならではの強みが隠されています。
人はみな心のどこかで「自分の強みを活かして自分らしくいられること」を楽しみにしています。

強みは何も立派なものでなければいけないというものではありません。
もし仮に、楽しみにしていることが「明日の朝ご飯」という答えであったとしても、「日常の些細なことに幸せを感じ取れる力」という強みを発見することができます。

あなたの強みは何ですか?

 人生を24時間としたらあなたは今何時にいますか?

人生を一日の朝から晩までと考えると、あなたは今何時にいるでしょう?

例えば、日本人男性の平均寿命を80歳としてあなたが60歳だとしたら・・・

24÷80=0.3

0.3×60=18

18時、つまり夜の6時です。

もしあなたが40歳だとしたら、現在お昼の12時ということになります。

いかがでしょうか?このように考えると「人生は思っているよりまだまだ長い」と感じませんか?
「人生に遅すぎるなんてことはない」とはよく聞く言葉ですが、人生時計はあなたにどんな命の使い道を示唆してくれるでしょうか?

最も重要なのは、「これまで何であったか。これから何であり得るか」ということです。

定年後の生活を楽しみにしているアメリカ人に比べ、会社以外に行く所がないと嘆く日本人。
この違いは一体どこから生まれてくるのでしょう。

 「役割」を持った人間は強い

シニア世代のビジネスマンの男性であれば、会社では課長や部長という役職を持ち、家庭では父親や夫という立場に当てはまる人が多いことでしょう。

ビジネスの現場ではミッション(使命)という言葉がよく使われますが、使命と役割の違いは何だと思いますか?

奥野老人は「使命は上とか未来から与えられて固まっているもの、役割は自分の中から湧き出て変わるもの」と説いています。
退職すれば自ずと「使命」は剥奪されます。使命を失った時、自分の役割を見出し自分の人生に対する態度を決められないと人は生きる気力を失ってしまいます。

また奥野老人はこのようにも語っています。

「人生というのはたくさんの川を渡るようなもんだと思うんです」

「人にはそれぞれの川を渡る時に何らかの役割が課されているんだと思うんです。毎回違った役割を果たし、そして最後は三途の川を渡るんです」

「三途の川を前にして、どんな役割を受け入れ、どんな態度を示すか」

あなたはどんな役割を持ち、人生に対してどんな態度を示しますか?

 シニアの品格とは結局の所、何なのか?

本の中に答えはありません。
答えはないけれど、一人ひとりが一常識人として「次世代のことを考える品格」を備えていれば、世の中はもっとスマートな大人で溢れ明るい未来が創造できるのではないでしょうか。

日本語では「シニア=年長者」という意味合いが強いですが、英語では年長という意味のほか「上級」という意味でシニアという言葉が使われることも多いです。
シニア・リーダー、シニア・マネージャーなど「上級」と意味で使われ、必ずしも高齢ということではありません。

「シニア=人生の上級者」に実は年齢はそれほど関係ありません。
20代だろうと30代だろうと自分らしい真の人生の歩み方に気づき転機を迎えた人は誰でも「人生の上級者」なのだから。

Home > アーカイブ > Author

Return to page top