Home > アーカイブ > 2016-09

2016-09

「シニアの品格」が朝日新聞3面「日曜に想う」で取り上げられました


9月18日の朝日新聞3面の「日曜に想う」にて「政局読みに与ふる書」として、拙著「シニアの品格」が紹介されました。
書評ではありませんが、「この夏、不思議な小説を読んだ・・」で始まる文章では、政局読みと絡めてとても大切なことが論じられています。
さすが朝日新聞、書いてある内容も深いですし、影響力もすごい。あっという間にアマゾンで90位台まで登りました。楽天ブックスでは宗教・倫理部門(?)で3位。
ただ、現在在庫薄となっていまして、アマゾンでは発送まで1~2か月となっています。しかし、楽天や紀伊國屋オンライン、小学館オンライでは1週間以内に発送されますので、こちらも是非ご利用ください。
こちらは楽天ブックスのリンクです。

ぼくは君たちを憎まないことにした


ぼくは君たちを憎まないことにした

昨年パリで起こった同時多発テロ事件。そこで妻を失った著者が書いたメッセージがフェイスブック上で世界を駆け巡った。その著者が事件後の子供との日々を綴ったのが本作。人はこんなにも強くなれるのかと驚かされます。一番心を動かされるのが次の表現です。

金曜日の夜、君たちはかけがえのない人の命を奪った。その人はぼくの愛する妻であり、僕の息子の母親だった。それでも君たちがぼくの憎しみを手に入れることはないだろう。君たちが誰なのかぼくは知らないし、知ろうとも思わない。君たちは魂を失ってしまった。君たちが無分別に人を殺すまでして敬う神が、自分の姿に似せて人間をつくったのだとしたら、妻の体の銃弾の一つ一つが神の心を傷つけるはずだ。
 だから、ぼくは君たちに憎しみを贈ることはしない。君たちはそれが目的なのかもしれないが、憎悪に怒りで応じることは、君たちと同じ無知におちいることになるから。君たちはぼくが恐怖を抱き、他人を疑いの目で見、安全のために自由を犠牲にすることを望んでいる。でも、君たちの負けだ、ぼくたちは今までどおりの暮らしを続ける・・・・

 是非ご一読を

Home > アーカイブ > 2016-09

Return to page top