Home > 未分類 > 春にして君を離れ

春にして君を離れ


 以前「ハゲタカ」の著者、真山仁さんが船川淳志さんとの対談の中で「アガサ・クリスティーの作品は人間の心理を非常に上手く表現している」とおっしゃっていたので、1冊読んでみました。
何となく選んだ1冊ですが、これには驚きました。クリスティーなんて映画の原作になるような推理エンターテインメントばかり書いているのかと思いきや、確かに真山さんの言うとおり、人間の心理を実に上手く、恐くなるほど巧みに表現しています。
 本書の内容の詳細は書かずに置いておきますが、自分が見たくないネガティブなものから目をそむけ続けたポジティブ病的なおめでたい婦人の物語とも言えます。いやいや、そうまとめてしまっては面白くない。現代社会の中で多くの人が陥っているある種ブラックホールのようなものが描かれているのです。いわゆる推理小説とは違いますが、その辺の推理小説以上にスリリングな作品です。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶(次回から入力を省けます)

トラックバック:0

この投稿のトラックバックURL
http://www.eudaimonia-mgt.com/blog/20150811/96.html/trackback?_wpnonce=f72ebbb74e
以下のブログが関連して書いています
春にして君を離れ from Never Mind the Blogs!(勝手にブログれ!)

Home > 未分類 > 春にして君を離れ

Return to page top