Home > アーカイブ > 2015-09

2015-09

ロジャー・フェデラーに会ってきました


 私が死ぬ前に会いたい3人のヒーロー、それはミック・ジャガー、キース・リチャーズ、そしてロジャー・フェデラーです。そしてその一人、ロジャーと先日会ってきました。
 というのは、半分嘘。
 この8月は3週間アメリカに滞在(基本は仕事です)していたのですが、その中でシンシナティの「ウエスタン&サザンオープンという、USオープンに次ぐ規模のテニストーナメントを観戦してきたのです。
 錦織選手はこの大会は欠場でしたが(USオープンでも残念でしたね)、フェデラーのプレーが凄すぎた。34歳というテニスプレーヤーとしては高齢であるにも関わらず、いや、その経験からか他のプレーヤーとは全く次元の違うテニスをしていました。他のプレーヤーがパワーテニスをしたがるのに対してフェデラーは技術力と繊細なタッチを駆使した知的なテニスをします。ナダルを下したロペスやマレー、そして決勝ではあのジョコビッチからも1セットも奪われず、圧巻の優勝でした。実は2年前にも同じトーナメントを観に来てているのですが、その時は不調で優勝はナダル、しかしその年を除いて7連勝です。ジョコビッチとはこの試合まで20勝20敗だったのですが、ここで勝ち越した、という歴史的な試合でもありました。
 しかし、暑かった。
 この、ロジャー・フェデラー、先日私がファシリテーターとしての認定を取得した「アンガーマネジメント」の好事例でもあるのです。若い頃は怒りっぽかったフェデラーがいかにして冷静沈着なプレーヤーに変貌したのか。その秘密は「アンガーマネジメント」にあります。近いうちにその関連でセミナーなどしたいと思うのですが(スケジュールの調整ができれば)、その時は是非熱く語らせて下さい。
 下の写真は、練習中のフェデラー(2mの近さで観て、サインまでもらってしまいました)と私との2ショットです(笑)。

アンガーマネジメント・ファシリテーターに認定されました


 ギャラップ社の認定と前後するのですが、先日、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会(JAMA)からアンガーマネジメント・ファシリテーターとして認定して頂きました。同時に米国ナショナルアンガーマネジメント協会(NAMA)からも「NAMA Certified Anger Management Specialist – I」 の認定を取得しました。
 ギャラップ社のストレングスコーチ認定、そしてアンガーマネジメントのファシリテーター認定、もう今年の認定はこれで十分だと思いますが、今後研修プログラム、コンサルティングプログラムの内容を大きく拡大していきたいと思いますので、是非今後の活動にご期待ください。

改めて、ギャラップ社認定ストレングスコーチになりました。


 ご報告が遅れましたが、この度改めてギャラップ社認定のストレングス・コーチとなりました。6月にロンドンでギャラップ社のストレングスコーチ研修を受けた後、中々検定試験を受ける時間が取れなかったのですが、先日やっと受験しめでたく認定して頂くことになりました。決して安価なプログラムではありませんでしたが、ロンドンの街や人も十分に楽しめたし、大満足です。
 ギャラップ社のコンサルタント時代にも持っていた資格なのですが、改めて今回社外のコーチとして認定された次第です。
 今後、これまで実施してきたリーダーシップ、マネジメント研修の中にも積極的に取り入れていきたいと思いますし、エグゼクティブコーチングも増やして行きたいと思います。
 ご質問、お問い合わせなどありましたら、何なりとおっしゃってください。

Home > アーカイブ > 2015-09

Return to page top