Home > 未分類 > 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です


 一応コンサルタントとして仕事を受けている私ですが、このタイトルを見て見逃す訳にはいきませんでした。もうフレームワークと口先だけのコンサルタントなんか要らない!というメッセージなのかと思って読んでみると、意外に落ち着いた内容で、コンサルタントに任せて自分達で考えることを放棄してはいけない、結局はマネジメントとは人間関係だ、というまっとうなメッセージに満ちていました。(以下その一部です)
 
・ビジネスは「数字」では管理できない
・「正しい理論」でチャンスを逃す
・分析を「グラフ」にするだけで感心される
・大企業が「正しい経営」のせいで消える
・戦略計画=解決策だと信じられているが、計画自体には意味がない。計画を立てる過程にこそ価値があるのだ。
・コンサルタントを雇ってあとに残ったのは75ページものパワポの報告書だけ
・チャンスをつかむには、企業の自己発見に出来る限り多くの従業員を巻き込む必要がある
・戦略開発のはっきりした目的を見出し、想定外の事態に対応するための知恵を蓄えることならだれにでもできる
・コーチングやフィードバックの方法よりも単純な話し合いが効果を発揮
・新しい業務プロセスを開発するためのお決まりの方法論など存在しない
・業務プロセスの問題
① 不信
② 部門間での目標の対立
③ 拙速
④ バカだと思われたくない

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶(次回から入力を省けます)

トラックバック:0

この投稿のトラックバックURL
http://www.eudaimonia-mgt.com/blog/20140528/233.html/trackback?_wpnonce=19ada657d4
以下のブログが関連して書いています
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です from Never Mind the Blogs!(勝手にブログれ!)

Home > 未分類 > 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です

Return to page top