Home > スローリーダーの耽溺読書体験 > Living in more than one world

Living in more than one world


 これはRosensteinという、ピーター・ドラッカーにインタビューをしたり、近しくしていた人がドラッカーの著作、人生を振り返りながら書き綴ったものです。
 ドラッカーを読んだことのある人にはそれほど新しい内容ではないかもしれませんが、3・11の後に読んでみると、中々考えさせられます。
 ここでは、会社での仕事だけではなく、トータル・ライフをデザインするという視点で人生を考えるべきであるということが書かれています。そのためにはまず、会社の仕事だけではなく社外活動における自分のコア・コンピテンシ―、強みも見つめなければなりません。そうすると会社のことばかり考えていたときよりもより広い未来が開けてくるのです。
そこでパラレル・キャリアというコンセプトが登場します。それは自分の強みを活かしながら、社会起業やボランティアなどで社会のために自分の信じる正しいことをすることです。こんなパラレル・キャリアを持つことで会社の中では発揮しにくい自分の本当の強みを発揮し、リーダーシップを開発できるのです。
そして、人に教える、ということもパラレル・キャリアには大切なことです。教えることが一番の学びであり、これが自分の生涯学習にもつながる、という訳です。

 確かにこれからの日本では、一つの会社にどれだけ頼って(しがみついて)いいかは微妙ですよね。そもそも日本という国がどうなるかも分らない。そんなときに「ウチの会社のことなら何でも知っているけれど、会社を一歩でると自分一人では何もできない」というのでは余りにリスクが高いでしょう。3・11以前でもそうでしたが、これからはもっと、自分を誰かに活かしてもらうのではなく、自分で自分の強みが活きる生き方を見つけていかなくてはならなくなるのだろうと思います。
 これからはやはり、世界の中の自立した1個人として、自分ならではの成果を出して生きて続けて行かなくてはならないのだと、この本を読んで改めて確信しました。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶(次回から入力を省けます)

トラックバック:0

この投稿のトラックバックURL
http://www.eudaimonia-mgt.com/blog/20110406/150.html/trackback?_wpnonce=8328896a8a
以下のブログが関連して書いています
Living in more than one world from Never Mind the Blogs!(勝手にブログれ!)

Home > スローリーダーの耽溺読書体験 > Living in more than one world

Return to page top