Home > 未分類 > グーグルで必要なことはみんなソニーが教えてくれた

グーグルで必要なことはみんなソニーが教えてくれた


 ソニーで22年務めグーグル・ジャパンの社長も務めた著者がソニーへの想い、そしてグーグルというかつてのソニーのように元気な企業に対する敬意と共に、率直に自分の意見を書いた良書です。
 本書を読むと、大企業病にかかってしまったソニーは、まさに前回紹介した「ザッポス伝説」で書かれていた、コア・バリュー、カスタマー、フォーカス、社員の幸せ、そして「楽しみ」と言うものに対して本気でフォーカスすることが難しい企業になってしまったのだなということが分ります。
 著者のソニーに対する愛情は本書を読めば明らかなのですが、衰退期に入ってしまったソニーはもうこのまま消えるしかない、といった諦めの境地に至るまでには、本当にうんざりするような政治に巻き込まれたのでしょう。
著者はリーダーに求められる資質として、
1. 革命を起こす資質
2. 革命を察知してそれに最も早く追随できる資質
3. 革命が顕在化してから迅速にそれに追随できる資質
を挙げています。勿論、上の方から理想的な資質となります。そして、企業の成功を阻むのはリーダーの「革命が起き、世の中が完全に変わったにも関わらず依然過去の成功体験にこだわり変化を拒む態度」としています。
 過去の成功体験にこだわらずチャレンジし続ける、というのは「個を活かす企業」の中でも成功の必要条件とされていましたが、今の日本、この態度を持てないビジネスパーソンが余りに多いのではないかと思います。
 前回と同じ結論ですが、ザッポス社のように仲間とチャレンジを楽しみながら新しい成果を出し続ける企業をこれから増やしていかなければならないと思います。そうしないと日本の将来は暗い、どころか「そして誰もいなくなった」という状況になってしまうのではないでしょうか。本書を読んでそんなことを考えさせられました。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶(次回から入力を省けます)

トラックバック:0

この投稿のトラックバックURL
http://www.eudaimonia-mgt.com/blog/20110130/139.html/trackback?_wpnonce=d966ca1f97
以下のブログが関連して書いています
グーグルで必要なことはみんなソニーが教えてくれた from Never Mind the Blogs!(勝手にブログれ!)

Home > 未分類 > グーグルで必要なことはみんなソニーが教えてくれた

Return to page top