Home > アーティスト礼賛 > ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならずもの」の真実

ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならずもの」の真実


 チリの鉱山落盤事故の33人の全員救出、素晴らしいですね。2カ月もの間、助かるかどうか分からない中みんなで協力して生き延びたということは、まさに前向きなラテン系気質の賜物と簡単に片づけるのは失礼かもしれません。しかし、日本人ではこうは行かなかったかも知れない。誰かが統率はしたかもしれないがノイローゼになる人、暴れる人などが現れるのではないでしょうか。
 いずれにしても、これは本当に偉業と呼べるようなことだと思うのですが、これに対する世界の反応はとても商業主義で笑ってしまいますね。「33人」という映画の製作がすぐに決まったそうで。しかも「チームメンバーすべてがリーダーだった」なんて発言もあったものだから、間違いなく組織開発とかリーダーシップ開発の業者さん達がこれを引用していろんなビジネスを考えるんでしょうね。「ドラッカーが落盤事故にあったら・・」なんて本もいいかもしれない。
 さて、チームという点では、私はむしろ「メイン・ストリートのならず者」のローリング・ストーンズに注目します。このアルバム、確か72年の作品で、イギリスの高い税金から逃れようとフランス南部に移住したストーンズのメンバーらがキース・リチャ―ズの家の地下室でセッションを続けて録音されたもので、発売当時は2枚組の中の曲調が散漫だと酷評されたものの、今ではストーンズの最高傑作と呼ばれているのです。実際、とてもブルースっぽくて、バンドが演奏を楽しんでいる、という感じで私も大好きです。
 このセッションはミック・ジャガーではなく、主にキースがリードしていたようです。ミックは新婚で忙しかったということもあるのですが、キースが昼起きると仲間を集めて気の向くままに演奏を朝まで続ける、という日々が続き、9カ月で9曲という極めて効率の悪いセッションとなりました。しかし、その内容はその前後のストーンスでは出来なかったような素晴らしいものでした。
 この傑作を生んだ背景には、麻薬問題などで世間から厳しい目でみられ、さらには税金問題で母国を離れて、ある意味もうこだわりはない、という心境の中でミュージシャン達が自分たちの赴くままに演奏をしたということが大きいでしょう。ミックが仕切って、ヒット曲を何曲か入れて、アルバム全体の構成はこうして、という製作方法でも素晴らしい作品は生まれるのですが、「メイン・ストリート」はまったく別物です。
 これは今コーチング業界で注目されているキース・リチャ―ズのこだわらないポジティブさによるところが多いのではないでしょか。キースはメンバーの中で唯一、一度レコーディングした曲を何度も聞く人だったようです。ミックはもう次のことを考えているので録音してしまった曲には興味がない。キースは本当に音楽が好きで、バンドマンなのでしょうね。当時ヤク中ではあったものの。
 そんなキースが南仏のリラックスしたムードの中で主導したセッションなのだから、それぞれのミュージシャンが水を得た魚のように演奏して、今の管理化された音楽業界では生み出せないような作品が出来上がったのです。
 チリの33人もすごいけど、キースが導いたチーム・ジーニアスも歴史的な事件ではないかと私は思うのです。今度キースによる自伝が出版されました。日本語訳はまだのようですが、ポジティブ感情がネガティブな感情・行動と共存しながら高い成果を上げるという人生の一つのモデルとして読む必要があると思います。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶(次回から入力を省けます)

トラックバック:0

この投稿のトラックバックURL
http://www.eudaimonia-mgt.com/blog/20101019/119.html/trackback?_wpnonce=288645eb51
以下のブログが関連して書いています
ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならずもの」の真実 from Never Mind the Blogs!(勝手にブログれ!)

Home > アーティスト礼賛 > ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならずもの」の真実

Return to page top